親族の冠婚葬祭の際に送るお金の金額について

日々を暮らしていると甥っ子の成人式や孫の結婚式など、親族の冠婚葬祭の場面に遭遇することがあります。
その際にマナーとしていくらかのお金を包んで送ることがあります。
ここではそれぞれの場合にあわせていくらくらいの金額を包むのが一般的なのかを紹介します。
まず成人祝いの場合には孫や自分の子供に対してが一番相場が高く、1万~10万円ほどになっています。
甥っ子や姪っ子、それに兄弟など比較的近い親族には1万~3万円ほどを包むのが多く、その他の親族には5千~2万円ほどが相場になっています。
次に結婚式の場合には新郎新婦の祖父母や兄弟など近い親族にはで2~10万円ほどを包みます。
いとこなどやや離れた親族の場合には1万~3万円ほどです。
葬式の場合は親が亡くなったときが一番高く、3万~10万円超です。
次いで兄弟が3万~5万円ほどで、祖父母で1万~5万円ほどです。
最後に年忌法要の場合です。
一周忌の場合には1万~3万円ほど、会食があるときには2万~5万円ほどになります。
三回忌以降はその半分の金額になりますが、会食があるときは変わらず2万~5万円ほどを包みます。