冠婚葬祭のマナーには、装いに関する内容もあります

冠婚葬祭の場面では、マナーをもった対応が求められます。
老若男女の差を問わず、基本的な部分を守りながら式などに出席する必要があります。
 冠婚葬祭の中でも、結婚式の場合には、晴れやかな場でもあるため、華やかさをもった衣装の着用などもできます。
若い独身女性の場合には特に、振袖などを着用する事ができますが、ミディアム丈のカクテルドレスなども利用できます。
 しかし、最近ではジミ婚という言葉に象徴される様に、親しい人だけを招いて、派手な演出を行わないというケースも見られる様になっています。
結婚式では、主役の2人がホワイトカラーを着用するケースが多くあります。
この点はまず留意しておく必要があります。
主役の2人と被らない配色で出席するのも、一つの気遣いとしてのマナーになります。
 その上で、質素な結婚式などが実施されている場では、やはり自分が主役になってしまう様な華美な装いは避けるべきでもあります。
冠婚葬祭の場面は、その場の状況に合わせて、装いなどにも配慮して出席する事が重要になります。