最低限知っておきたい祝儀に関する冠婚葬祭のマナー

冠婚葬祭にはビジネスマナーというものが存在ます。
マナーを守らなければ場違いな感じになってしまうので注意します。
例えばのし袋には結びきりと蝶結びという二種類の結び方があります。
結びきりは二度とほどけないもの、蝶結びは何度もほどけるもの使い道は用途によって使い分けます。
ご祝儀の相場はいくらぐらいかといいますとやはり年齢、会社の立場などきちんとした上で決めていきます。
学生や社会人1年、2年目の社会人の人なら二万ほどで問題ないです。
三万以上だと基本的には立場や年齢等で区別していけば問題ないです。
夫婦で行く場合は当然二人分のです。
三万の二倍で六万ぐらいが妥当な金額だと思います。
披露宴に何かの都合で出席しない友人の場合でも祝儀は相場的には一万ほどだとされてます。
確実なことは言えませんが地域によって相場もあるようです。
そういう場合はインターネットで調べてみても面白いと思います。
社会人になると冠婚葬祭のマナーは最低限知っておいても損は絶対ないです。