最近の冠婚葬祭のマナー

昔は冠婚葬祭のマナーは親から教えられて来たものですが、昨今はどんな些細なことでもネットで調べることもでき、また昔ほど厳しくなってきています。
例えば結婚式のご祝儀に関してもそうです。
以前は友人として参列する場合は三万円が一般常識でしたが今では二万円でも差し支えないそうです。
そのさいにはお札が二枚は割りきることができる数字なので一万円札を一枚、五千円札を二枚として渡すことも可能です。
基本的にはお祝いの気持ちとして包むものですがどうしても金銭的に難しい場合はこちらでも大丈夫です。
特に結婚式等は数ヶ月前から招待されることが殆どですので、大人のマナーとして先方に失礼のない振る舞いをしたいですね。
冠婚葬祭のマナーは一度自分で体験すれば忘れることは殆どありません。
元々は難しいしきたりや型にはまったものではなく、相手を敬う気持ちから始まったものです。
その事を念頭においておくと、面倒だと思うことも少なくなります。

火葬のみの最低限プランも

最初から最後までしっかりと付き添う葬儀社